« 棚田での田植え | トップページ | 研究室ゼミ 野田さんによる穂谷の紹介 »

2009年5月31日 (日)

マリンピア人工海浜の利用ルールの模索

シンポジウム「マリンピア沖洲人工海浜の現状―民官学協働による利用ルールの提案にむけて」,13:00~17:00,徳島大学工業会館2Fメモリアルホールにて。

NPO徳島保全生物学研究会,徳島大学環境防災研究センター,徳島県港湾空港企画課の共催。

<趣旨> マリンピア沖洲人工海浜は,埋め立てられて消失する希少種ルイスハンミョウの生息地の代償として作られました.2010年春の完成に向けて,ルイスハンミョウの保護を優先しつつ,人がどのように利用するかが課題となっています.本シンポジウムでは,様々な角度から人工海浜の現状を明らかし,徳島保全生物学研究会と徳島県が協働した今後の取り組み予定を紹介します.最後にパネルディスカッションを行い,人工海浜一般解放後の利用のあり方や課題について討論を行います.

1.人工海浜の概要,ルイスハンミョウの現状(大塚弘之・徳島県港湾空港企画課)

2.植生から見た人工海浜の現状(澤田佳宏・淡路景観園芸学校)

3.底生生物から見た人工海浜の現状(大田直友・阿南高専/徳島保全生物学研究会)

4.マリンピア沖洲事後調査計画検討部会による現状の評価(中野晋・徳島大学環境防災研究センター)

5. 徳島保全生物学研究会と徳島県港湾空港企画課による今後の取り組み(渡辺雅子・阿南高専/徳島保全生物学研究会)

6.課題抽出(パネルディスカッション司会:鎌田磨人・徳島大学環境防災研究センター/徳島保全生物学研究会)

01_3

02

↑ 大田さんによって示された課題

03_2

↑ 渡辺さんによって示されたロードマップ。頼りにしていた環境省からの助成金が流れて,ロードマップに迷いが。。 このあとの県の港湾空港企画課とNPO徳島保全生物学研究会との話し合いで,ヒアリング,アンケートをもとに関係者分析を行い,関係する人を集めたたワークショップを行い,人工海浜の利用ルールのシナリオを提案していくこととなった。

04_2

05_2

|

« 棚田での田植え | トップページ | 研究室ゼミ 野田さんによる穂谷の紹介 »

NPO」カテゴリの記事

シンポジウム・講演会 等」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリンピア人工海浜の利用ルールの模索:

« 棚田での田植え | トップページ | 研究室ゼミ 野田さんによる穂谷の紹介 »