« JSTフィールド研究会 in 上勝/徳島 3 | トップページ | 音無親水公園 王子 »

2009年7月13日 (月)

国土交通大学校 河川環境研修

東京都小平市にある国土交通大学校での河川環境研修。主に国土交通省で河川管理を担当する係長級の方向けの研修らしい。いくつかの県からも何人かいらっしゃっていた。

7月6日~17日の間,河川環境について様々な側面から学ぶのだという。

講義内容: これからの河川環境管理,河川技術者のあり方,地球環境とビオトープネットワーク,河川環境行政の現状と課題,治水と環境の調和した川づくり,河道のインパクト・レスポンスと河川環境,河川環境の捉え方,河川環境の目標設定(環境目標・評価方法),多自然川づくりの技術,正常流量,河川水辺の国勢調査,河川景観の形成と保全,河川環境整備事業の便益評価,流域管理論,河川空間における生物の多様性,河川環境と魚類,河川生態系の予測評価

おそらくここで学ぶ係長級の方々は土木系の出身で,生物や生態学はほとんど学んだことはないのだろう。こういう研修をとおして,一歩ずつでも日本の河川の豊かさにつながっていけばいいなあと思う。

僕の担当は,15時15分~17時15分の2時間,「河川生態系の予測評価」について。

 1) はじめに - 生物多様性が持つ意味

 2) 生物多様性・生態系保全に向けた国の動き

 3) 生態系のアセスメントとモニタリング

 4) 河川事業による河川生態系の変化-マルチスケールな見方
     -ダム建設
     -砂利採取による河床低下
     -河床の複断面化

 5) 河川定期横断測量と水辺の国勢調査を用いた生態系長期

    モニタリングのすすめ

 6) 侵略的外来種シナダレスズメガヤの繁茂を抑制するための

   考え方

 7) 「こっちにもあるから大丈夫」ではない―メタ個体群

 8) 順応的管理と行政,研究者・技術者の役割

|

« JSTフィールド研究会 in 上勝/徳島 3 | トップページ | 音無親水公園 王子 »

学問・資格」カテゴリの記事

シンポジウム・講演会 等」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通大学校 河川環境研修:

« JSTフィールド研究会 in 上勝/徳島 3 | トップページ | 音無親水公園 王子 »