« 船窪のオンツツジ群落保護検討委員会 | トップページ | COP10 生物多様性と湿地の保全に関する世界NGO会議 »

2010年10月22日 (金)

環境生態学特論-実験室紹介

大学院講義,環境生態学特論.

受講者は生態学をベースとした研究をしている者ばかりでなく,建設材料(コンクリート)や都市計画の学生も.だから,生態学をみっちりやるというような授業はしない.学生それぞれに,自分のやっていることを紹介しあってもらい,情報を統合して,より広い視野から一つのプロジェクト提案書としてまとめるというもの.

その一環として,それぞれの研究室が持っている実験室の様子を紹介してもらう.自分の興味を,専門外の人にわかりやすく伝えるためのプレゼンテーション技術の向上が狙い.卒業後,実務家になったときはそういう機会が増えるだろうから.コンクリート実験室など,普段には立ち入ることがない場所に入れるので,僕も楽しめる.

01_3

02_2

03_2

|

« 船窪のオンツツジ群落保護検討委員会 | トップページ | COP10 生物多様性と湿地の保全に関する世界NGO会議 »

講義」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境生態学特論-実験室紹介:

« 船窪のオンツツジ群落保護検討委員会 | トップページ | COP10 生物多様性と湿地の保全に関する世界NGO会議 »