« シンポジウム「地域資源を活かして地域で働く」 | トップページ | 徳島NPOフォーラム »

2010年12月15日 (水)

長期インターンシップ 企業内研修報告会

大学院のプログラムで実施している長期インターンシップ。日本の里山類型や竹林の分布拡大のリスク評価を行うためのモデル作成をしている宮本(M2)は、今年度、アジア航測にお世話になった。今日はその報告会を、新百合ヶ丘の本社ビルの会議室で開催させてもらった。
宮本は、ここで、環境省の植生図がどのような手続きを経て作成されているのか、その間の委員会の開催準備等を手伝いながら学ばせてもらった。また、自分の研究成果をどのように活かすことができるのかも、考えるチャンスをもらった。インターンシップによって得たものはとても大きいと思う。
引き受けてくださる企業の方たちには負担をかけることになるのだけれど、学生にはこうしたチャンスを活かして、スキルや、人間そのものを大きく伸ばしてもらえればと思う。
宮本のインターンシップをご担当いただいた染矢さん、浅井さんをはじめ、塚本さん、佐野さんには大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

P1050438

◆ その後  環境省の植生図作成事業に伴って生産されるデータの利活用のあり方に関しての 情報交換。2月に成果を持ちよって、検討会を開く。

|

« シンポジウム「地域資源を活かして地域で働く」 | トップページ | 徳島NPOフォーラム »

講義」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期インターンシップ 企業内研修報告会:

« シンポジウム「地域資源を活かして地域で働く」 | トップページ | 徳島NPOフォーラム »