« シンポジウム「生物多様性地域戦略に求められるもの-生態学の立場から」 | トップページ | 打合せ―成果と方向の設定 »

2011年4月30日 (土)

住み場所の風景

久々に家の周辺を散歩。今も、いつも新しい発見がある。この数年で一気に宅地が増えてきた感じがあるけれど、楽しい風景。

Photo Album


◆ かけるべき時間、環境経済学では「機会費用」というらしい。他者とつながりを持ち信頼関係を築くのに要する時間、目に見えない費用。 4月28日

◆ 地域の中にある大学の、地域貢献のあり方について考えている。地域課題に対する知の蓄積・供給センター。蓄積すべき知は、地域の中のいろいろな場所で、いろいろな人によって生産される。それを統合管理し、発信できる状態にまでもっていける機能と人が必要。
4月28日

◆ 研究室スタッフとのランチミーティング。スタッフが増えてきたので、今年度から情報交換を兼ねて月1回のペースで実施。つい最近までずっと一人でやってきたから、身近な部分のマネジメントの仕方については試行錯誤。4月25日

◆ 阿南行きの汽車、どんこう。ひさびさのゆっくり移動。これから阿南で、環づくり会議。県南での竹林管理の取り組みについて検討。そして、反省会。事務局を担当してもらっていた県職員の異動が決まった。送別会も兼ねなきゃ。4月22日  

|

« シンポジウム「生物多様性地域戦略に求められるもの-生態学の立場から」 | トップページ | 打合せ―成果と方向の設定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住み場所の風景:

« シンポジウム「生物多様性地域戦略に求められるもの-生態学の立場から」 | トップページ | 打合せ―成果と方向の設定 »