« みなみから届ける環づくり会議・竹林WG | トップページ | 星野ご夫妻との団欒 »

2012年1月25日 (水)

太田さん(岡山理科大)の学位審査会

波田先生から副査として招かれて,岡山理科大の学位論文審査会。波田先生は,僕の目標としてきた先生のお一人であるだけに,副査に招かれることは名誉なことでもあり,また,緊張もともなう。

お弟子さんである太田さんの発表タイトルは,「瀬戸内における地質・地形と植生の関係」。流紋岩地,堆積岩地,花崗岩地での植生配分の違いが,その基盤である地質を反映しているということを,タフなフィールドワークに基づく植生調査結果をモデル解析して示した。波田先生のお弟子さんらしい研究無事にパス。

審査会後の懇親会。波田先生,原先生(東京情報大),能美先生(岡山理科大)と。波田先生は根っからのフィールドワーカーで,僕が最も尊敬する植生学者の一人。
環境省が進める植生図作成業務の中国・四国地区ブロック会議でずっとご一緒させていただいている。植生分布のモデル解析の必要性や,いわゆる植物社会学的な凡例にこだわらずに現実的で有効な表現方法の利用等,実務的なことについても理解がある。そのため,中国・四国ブロック会議では,「役に立つ植生図とは何か」をずっと議論してきている。
今は岡山理科大の学長。刺激的で楽しい懇親会でした。

417097_362947847066019_100000524201


◆ 今日は昼過ぎの列車で岡山へ。その前に、徳島駅で環境審議会鳥獣部会の打合せ。次期の鳥獣保護管理計画について。シカは大きな課題。 12/01/30 10:24

◆ 高松行きの列車(ちなみに、徳島は電車はない)。乗り換えで、岡山。たまたまドクターの学生と一緒に。岡山大でマングローブに関するシンポに参加とのこと。 
12/01/30 12:25

|

« みなみから届ける環づくり会議・竹林WG | トップページ | 星野ご夫妻との団欒 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田さん(岡山理科大)の学位審査会:

« みなみから届ける環づくり会議・竹林WG | トップページ | 星野ご夫妻との団欒 »