« 星野ご夫妻との団欒 | トップページ | 「生物多様性とくしま会議」による人材育成プログラム作成 »

2012年2月 1日 (水)

環境省植生図の作成に係る技術手法検討会

環境省植生図の作成に係る技術手法検討会,東京国際フォーラム(有楽町)にて,10時〜12時。

日本の6割の植生図作成が完了。そして,今のところ平成37年まで係る見込みとのこと。。 残っている山岳地域等の作成をどのように行なっていくかが課題で,それを効率的に行なっていくための技術検討が必要。

僕からは,星野さん(東京農工大)のアドバイスのもと,M1の安東くんが担当して進めている,植生調査データを使った群集・群落識別種の統計的抽出と植生区分の評価を報告。二次林を区分するための識別種は,うまく抽出できない。遷移によって,時間的連続性の中で種が置き換わっていくためだろう。

就職が決まっている安東くんは,この3月まで。発表を聞いてくれた皆さんは,とても残念がってくれた。それだけ必要性と見込みがある研究ということ。さて,4月からどうするか。。

|

« 星野ご夫妻との団欒 | トップページ | 「生物多様性とくしま会議」による人材育成プログラム作成 »

学問・資格」カテゴリの記事

委員会 等」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境省植生図の作成に係る技術手法検討会:

« 星野ご夫妻との団欒 | トップページ | 「生物多様性とくしま会議」による人材育成プログラム作成 »