« 生物多様性の主流化に向けた若手ネットワークづくり | トップページ | 那賀川汽水域のワンド・干潟はなぜ重要かーその機能と存続をめぐって »

2012年3月28日 (水)

大阪市立自然史博物館での標本調査とゼミ

学生の大橋くんと大阪自然史博におじゃまして、標本調査。志賀さんのご配慮で収蔵庫での作業は意外と早く終わった。夕方、自然史博の標本を使って行なった研究成果を、大橋くんが発表。植物プロの方の前での発表は、大橋くんにとっていい経験になったと思う。

ゼミでは、厨子くん(同志社大)の発表も。オグラコウホネの遺伝的変異を地域間で調べたもの。オグラコウホネは、大きくは近畿以西の九州、中国、四国の集団と、近畿の集団に分かれ、ベニオグラコウホネと名付けられているものは、それら二集団のそれぞれに出現するとのこと。とっても面白かった。

ゼミ要旨は、佐久間さんのブログから。

Imgp2859

|

« 生物多様性の主流化に向けた若手ネットワークづくり | トップページ | 那賀川汽水域のワンド・干潟はなぜ重要かーその機能と存続をめぐって »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市立自然史博物館での標本調査とゼミ:

« 生物多様性の主流化に向けた若手ネットワークづくり | トップページ | 那賀川汽水域のワンド・干潟はなぜ重要かーその機能と存続をめぐって »